スタッフトーク | ポントゥーン21

bbs_b.jpg

HOME > catalogue > advice > marionette 01

マリオネットミノー操作の鍵はリトリーブ速度

スタッフNU 2013.02


アングラーの操作によって多彩な表現力を発揮する、それがマリオネットミノーだ。数々の操作方法の中でも基本となるのが、リトリーブスピードによるスイミングアクションの変化である。

デッドスロー域でマリオネットミノーは、ごくタイトなローリングアクションで泳ぐ。細身のフォルムとも相まって、印象は無警戒に漂うベイトフィッシュそのものだ。ところが速度を上げていくにつれ、ウォブリングが強くなっていく。バスやライギョといったポンドのプレデターが、いかにも好みそうな雰囲気だ。そしてミディアム~ファースト域に達すると、ローリングは消え、スロー&ワイドな振幅のウォブリングアクションに変わる。この泳ぎはミノーではあまり例がない。むしろスプーンの動きに近く、人気のレイク等でミノーにスレたトラウトを攻略するのにも役立つだろう。

このことを念頭に置いた上で、アングラー個々の意思やヒラメキでさらなるアクションを加えていく。その名の通り、まるでマリオネットのように、操るのが楽しいミノーなのである。

1302_01.jpg

クリックすると拡大します。

2013.02.25掲載