スタッフトーク | ポントゥーン21

bbs_12a.jpg

HOME > catalogue > advice > CB01

軽快ダートのカブリスタ75

スタッフNU 2012.10


陸っぱりのバスフィッシングやレイクのトラウトゲームで、魚がスレていると感じた時にぜひ試してほしい釣り方がある。それはカブリスタ75SP-SRのダート釣法だ。カブリスタはもともとダート幅の大きなマルチミノーなのだが、75は特に、極めて軽いジャークで大きくダートさせることができる。

操作は簡単だ。カブリスタが着水したらすぐ糸ふけを取り、軽くジャーク〜スナップを効かせる程度で充分〜してやる。するとカブリスタは大きく横っ飛びするはずだ。後はそれをテンポよく繰り返すだけ。ロッドティップを上げ気味に操作すると表層でダートする様子が丸見えなので楽しい。しかしロッドティップを下げて、少しだけ下の層でダートさせるのもありだ。その優れたバランス設計により、操作の際に手首や腕にかかる負担は極めて小さい。それでいて、まるでコマ送り動画のように、あるいはテレポーテーションを繰り返す超能力者のように(?)、カブリスタは左右へダートし続ける。

ステデイリトリーブでは動きのおとなしいカブリスタだが、アングラーの意思しだいで演技は豹変する。この二面性は釣果と共に、唯一無二のファン・トゥ・フィッシングを与えてくれるはずだ。ぜひお試しあれ。

1205_01.jpg

クリックすると拡大します。

2012.10.26掲載